玉ぼける花海棠 2015

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世にはいろんな造語があるものですが、

 

開放バカ

 

すがすがしいまでの造語。

うむ、単焦点で開放でボケとか、デジイチ買ったばかりのころ、ものすごい楽しかった。

コンデジでぺたっとした絵になるのに対して、こうもボケるか、と面白がって多用していた。

 

きらりんこん玉ぼけが好きなヒトいますね。ええ、わたしも大好物ですが(笑)

 

久しぶりに、玉ボケてみる。

 

さてここで問題です。

AのレンズとBのレンズで同じ花海棠を撮りました。

果たして、どちらがよりエクスペンシブな機材でせふか。

 

A 玉ボケがいくらのような

 

IMGP0470_sk_R

 

 

 

B 玉ボケが以下同文

 

IMGP0476_sk_R

 

回答は、、、どっちでもいいじゃないですか(T^T)

なんとかに真珠、なんとかに小判ということわざを思い出す昨今。

 

そして、しつこく次回も玉ボケの話はつづく。 


One thought on “玉ぼける花海棠 2015

  1. Pingback: 偏愛レンズで花撮り | 文系の猫とワードプレス