Instagramトラブル 粘着なヒトに困る編 & サポートセンターまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

しつこい粘着質ないやがらせは続く

 

先日、書いたInstagram でのトラブル処理。もう終わったかと思ったら、終わってなかったので、まとめ編

 

ことのはじまり、詳細は前編をご覧ください。↓

 

Instagramの嫌がらせトラブルで、公式ヘルプセンターへGO
文系の猫とワードプレスド文系猫スキーが…

 

 

 

まずは面倒なやりとりの一連の流れ

トラブル内容は前編に書いたので、割愛。

サポートセンターとのやりとりのみの面倒な記録です。

大まかな流れのみ(実はこのあいだあいだにも小さなやりとりメールがあった)

ほとんど公式とメル友状態で、ほんとにやめたくなったほどでした。

heren6668

 

1) 8月19日 第一の中傷があり、報告(※日本語で)

2) 8月20日 第二の中傷があり、報告(※日本語で)

3) 8月29日 Facebookユーザーオペレーションから日本語でメール

内容は(1)の報告書を日本語からすべて英訳して再送してくれ、とのこと。

4) 8月29日 英訳したものを再送+写真添付(2件分まとめたもの)

5) 8月31日 IG本社より英文メール 

(2)の報告書を英訳で、以下同文。

6) 8月31日 英訳したものを再送+写真添付(2件分まとめたもの)

7) 9月5日 IG本社より英文メール

その被害を受けてる写真コンテンツのリンクを教えろとくる。

8) 9月5日 返信する

だから写真じゃなくてプロフ面なのだ、返信がおそい間に改ざんされてる、と伝える。

9) 9月13日 IG本社より回答

問題は既に消えており、IG公式として解決すべきものはないように見受けられます

 

それはそうである。もたもたしているあいだに、証拠写真はあるものの、現実問題としていやがらせは消えているのだから。

あの中傷画面を見たときの不快な気持ちを味わった、という事実はあれど、霧のように消えた今、終わったということなのである。

 

で、結局のところ、これ以上深追いするのもアレなので(アレってナニなのですがw)、不快をまき散らした方は今もご健在。のんきにコメントを入れているの拝見しては、脳天気にお元気だねー、と見守っているのであった。

 

ほとほとうんざりないやがらせは続く

 

これで解決したかと思いきや、粘着質なヒトは手に負えないのだった。

 

追記 2014年5月段階

参照 → まだいやがらせが続行中。

 

最新アイコン(常時更新する)

2014/07/04 最新の名前とアイコン情報

IMG_6844_R

 

2014年6月21日 改名

IMG_6546_R

追記 2013年12月段階

名前を何度も変えているが、ぜったいにサーチできる手段がある。

ゆえに、彼女のアカウントは把握しているわけだが、いまも不快なコメントを多所で乱発している。
20131227-121723.jpg

公式に通報済み。

で、注意されたのかどうか知らないが、そそくさと改名し、やっと無礼な文言を消した。

↓ ↓ 追記:警告のせいか?ちなみに現在は再び改名 ↓ ↓

 

 

[ ★ 最新の名前とアイコン ]

 

2014年6月21日改名

IMG_6544_R

 

2014年4月12日 改名

2014年1月〜4月初旬

20140102-141353.jpg

 

 

ブロックしたので相手に見えないと思ったら大間違い

 

注記
ブロックしても見ることが出来る。検索欄で相手がいないようになるが、実はたどり着ける
それでまたアイコン変わったのもわかるわけです。

 

→ 名前が変わる

 

いやがらせを書き、警告されるたび、くるくる名前とアイコン変えて行くタイプ

アイコンと名前を変えても、ブロックしてでも、絶対に捕まえてみせる。

 

最新アイコン(常時更新する)

 

 

IMG_6546_R

 

今までのアイコンコレクション(ほんの一部)

右下のチャイナ服な本人のご尊顔をココで出さないであげるのは、温情です

チャイナ服おばさまの晴れがましい笑顔は、証拠としてきっちり保存、各方面に報告済み

 

helenicons201403

 

言うこととやることが えらい違う。表皮だけいい風

 

 

wpid-20140412054953.jpg
世界は美しい、幸せな毎日(。◕‿◕。) という売り文句と矛盾する、まったくもって下品な振る舞いの数々なのですが

ブチョーさんとか彼女の取り巻きフォロワーさんとか、これらの恥ずべき振る舞いを注意してあげることこそが、真の友だと思いますがね。

 

20131227-121734.jpg

他者を悪者にしたてあげ、自分の非礼は忘れているのはすごいですな

何度改名しても永遠に追いかけることができる。

銭形か、という気分です。

タノシイことを追いかけたいなー

 

トラブル 常習犯は名前をたくさん持っている。しかし過去の名前もすべて把握できる。

 

粘着質ないやがらせに対しては、当方も同じ分量のしつこさで見張り、通報し、制裁する。

詳しくなったついでに、、、、

当方へ無礼なコメントを残した以前もたどってみれば、過去名がいろいろあった。

つまり、、、ほかにもこういうトラブルをひきおこしたことあるんじゃないでしょうか。

そのたび、名前を変えるようだが、残念なことに、たどれるツールがあるのを、ご存じないらしい。かわいそうな人である。

 

戦いはいまだ途中だが、ざっとした感慨を

 

感想としては、「公式から制裁されなくてラッキー!」という敵方勝利には感じなかったのだった。

なぜならば、こちらに非はみじんもなく、公式にもフォロワーさんたちにも、相手方の無礼はあまねく披露され、恥をかいたのは相手だからである。

 

英文メール応酬では、ほとほとうんざりで、内心どーでもよくなっていたが、クレームを言い出したからには結論がでるまでは、と自分の垢さえ消せないしまつになっていたのでした。

 

で、ナニが言いたいかというと、

今後レスしないといったわりに、まめに公式は連絡してきます。

 

くれぐれも、英文でコンテンツすべてを送っていないと、今回のような著しく面倒なことになります。

相手の垢の削除停止警告などの精査には公式も慎重なので、通知した側にもなんども確認するのだと思います。

メールアドレスは、IGアカウントで登録したもので返信やりとりをしないといけません。

虚偽の報告か本人かを確かめるためだと思います。

英文で、というのとメルアド確認が重要

 

というのが、まとめでしょうか。

ちょっとうんざりする。

 

がんばってくれ、いんすたぐらむー

と、思ったトラブル顛末でした。

 

火事と喧嘩は江戸の花というけれど、まさに!

 

人生と同じ。ネットでも他人(公式サポ)に頼ってどうにかなるものではなく、自分で闘い抜かねばならない。

こそくなアカ変えの把握や、過去名の把握、周囲の交流関係を把握するすべも、己で会得したことである。

いやがらせに関してしつこい相手であるが、当方も十二分に執念深いのである。

気が合うかもね(笑)

 

 

 

キャッチアイ画像の使用アプリ

DecoSama Vintage 2.0.2
価格:¥85
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元: App Storeでcheck!
ImageKit 1.0.4
価格:¥100
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: App Storeでcheck!

 

 

Related posts: