こんとあき 林明子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_0244_wp

 

こんな優しいぬくもりのある お話を書けてしまう 林明子さんに脱帽なのであります。

 

こん、という名のぬいぐるみが、いつも「あき」を守ってあげる姿に、胸がしめつけられるような。

砂丘の町に住むおばあさんが、生まれてくる孫のお守り係として作った「こん」

その指名をはたすべく、ずっと口癖が「だいじょうぶ、だいじょうぶ」なのです。

道中でも、せっせと先をとってお世話するのは、こん。

お弁当を買って、切符を差し出して。

車掌さんが包帯巻いてくれるシーンは!

なんでこういうやさしい場面を作り出せるのだろうか、と作者の創造力にただ無言であります。

 

ラストで悪役のワンコさん登場で、へろへろになっても、小さな声で繰り返す

「だいじょうぶ、だいじょうぶ」   に泣きそうに!

でも、ほんとうに大丈夫。

作ってくれたおばあさんが繕ってくれるのですもの。

 

とても しあわせな 読書時間でした。

 

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

簡単な型紙つき

IMG_0256_wp

 

裏表紙

IMG_0249_wp

泣ける