ねこたちのてんごく シンシア・ライラント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめて、こういう本を買った。

GR000331_wp
Cynthia Rylant

ねこたちのてんごく
ねこたちのてんごく

 

理が勝るタイプだと思っている。

通説ではよくオンナコドモが好きだとされる、占い系やスピリチュアル系、おまじない系だが、それらにいっさい興味のない少女時代を送った。いまも正直、すべてに興味がナッシング。血液型とか聞かれただけで、うわー、と困惑するくらい、あてにならんと思っている。

 

そんな現実主義者であるがゆえに、、、

ペットロスについての助言がほしく、探していてもスピリチュアル系が多く、困っていた。

あ、うさんくさい、うそくさい、と敬遠。

 

しかし、これはなんと、児童書!子供向け絵本。

童話である。おとぎ話、絵空事。

子供にもわかる平易な文で書かれた、おおらかな、なぐさめの本である。

だからこそ、良いと思えたのだった。

 

絵本のなぐさめは、やさしい。

ただただ、猫たちは天国でこのうえもなく大事にされていますよ、ということのみ。

それで十分なのだった。

 

 

坊ちゃんは新しく届いたばかりの迷彩風の首輪で天国に旅立った。

名前も電話番号も書いてるから、なんとなく安心している。

天国でもちゃんとこれを付けて、どこのだれってみなにわかるのは、誰あろう、地上のわたしが安心なのである。

 

目印は迷彩の首輪

迷彩の首輪に白銀の鈴