ねずみは絵本の主役になりやすいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GR000273_wp

 

おむすびころりんとか、ねずみの嫁入りもそうですが、ねずみ主役の絵本は多いですね。

ミッキーマウスもそうだし、子供がくいつきやすいキャラだとされているのでしょうか。

ネズミは主役になりやすいのか

 

とりあえず、近くにあった3冊を並べてみた。

ぐりとぐら 14匹シリーズ とかいのねずみといなかのねずみ

 

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

 

いわずと知れた、ぐりとぐら。

カステラ食べたくならなかった人はいないだろう伝説。

 

14ひきのやまいも (14ひきのシリーズ)

 

洋服からなにからもうちまちまと細かくて、萌えるシリーズ。

 

とかいのネズミといなかのネズミ (児童図書館・絵本の部屋)

 

この話では、にゃんたることか、ネコさんが悪役である。

ドールハウスにネコ突っ込んでくるのは、巨人襲来みたいでアレを思い出しました。

また 悪っそうな顔なんですよ、チャトラくんが!

 

猫とドールハウスの親和性

 

画像をググると非常に面白いので、是非どうぞ。 → 猫とドールハウスのコラボ画像

猫とドールハウスのファニーな親和性を知っていれば、そのためだけに買ったのに、と今更ながらに思っております。

 

猫はいつも悪役なのか

 

トムトジェリーもそうですが、 猫とネズミが登場する場合、あからさまに猫さんはいつも悪役である。

わたしはいつもトムを応援していた。。。(T^T) いつもえらいめにあっていた、かわいそうなトムちん。

ネズミは優遇されている、児童書の世界では。。。

 

おまけ

おもしろい動画を見つけた。ねずみの嫁入り朗読もの
声が、、、若本ヴォイス。

若本ヴォイス くるねこCM
なぜこの 癖のあるしゃべり。