ヒグチユウコ ふたりのねこ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特典バッグ付きの本を買うのは、人生初。

コスメ雑誌のポーチとか、、、まったく食指の動かないタイプ。が、これには反応してしまった。

だって、ねーこーだーかーらーーーw

 

ふたりのねこ ねことニャンコのまんまるサテンバッグ付 ([バラエティ])

新品価格
¥2,100から
(2014/3/22 15:14時点)

届いたので、爪研ぎポールとともに撮影。

IMGP2316_sk

春色であるのー。

タンポポとか菜の花の配色で、にゃんこさん。

実は、このセールス文句にびびっていたのだが、、、

 ねこのぬいぐるみ「ニャンコ」と、公園に住む野良猫のおんなのこ「ねこ」の出逢いと別れが描かれた、切なく暖かいファンタジー

別れるのか、、、のらにゃんなのか、とびくびくしながら読む。

ちなみに装丁が可愛くて好き。

IMGP2317_R

で、読了後、これらの写真を改めて撮ったのですが、、、、

泣きながら撮ったよ。。。(T^T)

裏表紙のふたりがバッグの柄で、哀しくて使えるか不明である。

 

IMGP2319_R

 

ハッピーエンドといえばハッピーエンドなのだけれど、

これってハッピーエンドなのかなあ、と反芻するのだった。

しばらく読み返せないくらい哀しい。

 

あの子を思い出さない日はない、という述懐は、

胸がぎゅうぎゅうと締め付けられるものだった。