魔弾の射手 青池保子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まさにフォーサイス原作の、あの映画。

 

以前、「ジャッカルの日」という映画を観たことがある。

構図その他、よく似ているので、すぐにインスパイアされた作品だと推測できた。

映画でエドワード・フォックスが演じたジャッカルに、暗殺者オルグはよく似ている。ブロンドの狡猾なスナイパー。映画では森でスイカを的にして試射するところは、スイカでないけれど同じ。

最後に撃ち抜かれて吹っ飛ぶシーンは、実は単行本収録前の雑誌掲載分を見たことがあるが、映画のままの構図だった。

単行本になるとき、修正されて、映画そのままからは離れたものにしたようだ。

 

でも、それはそれ。ストーリーテリングとしては、青池氏のオリジナル。 

いつもは大然のメンバーと登場する鋼鉄の男が、ピンで主演するだけに、サービス精神旺盛で、シリアスな中にユーモアもあり、ミステリーとしても秀逸なしかけがある。

 

IMGP0469_R

リニューアル版のほうは、少佐が登場する番外編がほかにも収録されている。あのブラックジャックも入っている。

 

鉄のクラウス~スピンオフ~

ジャッカルの日 (角川文庫)

 

ジャッカルの日 [DVD]

物語で重要な鍵となる、バリトンで少佐が歌う「フィデリオ・囚人の合唱」は、こちら。

「フィデリオ」第1幕より 囚人たちの合唱
iTunesで見る

 

オルグがイヤホンで聴いている「魔弾の射手」はこちら

歌劇「魔弾の射手」より 狩人の合唱
iTunesで見る

 

どちらも入ったアルバム

 

 

それにしても、なんでもできるのだなあ。あらゆる役どころを演じ、意外にノリノリの演技派なのは必見の一冊。

戦車も戦闘機も旅客機も操縦できて、芸術音痴だが、ここぞというときにバリトンの美声であるよ。。。

さすが鉄のクラウス。 ← とばかり言っていたKBCのヒト(暗号名:緑のたぬき)がいたっけな。

 

 

自分にとってこのシリーズは第1期(皇帝円舞曲まで)で終結している。

ベルリンの壁が崩壊して、東西冷戦を前面に出せなくなったのが、なによりこの漫画世界においては痛かった気がする。