クリスマス・キャロル 坂田靖子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディケンズの有名なあれを漫画で読んでみる

クリスマス・キャロルを坂田靖子さんのタッチで味わう不思議

 

坂田さんのおかげで、こわい幽霊も、みなほんわか可愛い。

お金の亡者が、生き直すチャンスを神様からもらう、というファンタジー。

いくつになってもヒトは変われるというメッセージだろうか。

あんまりヒトに嫌われていると、さびしい最期を迎えますよ、という教訓。

 

しかし、たいがいある程度の歳まできていると、人間形成は強固なもので、変われないのが現実である。

改心するというのは、リアルライフで滅多にないからこそ、小説という世界が夢を見せてくれるのかもしれない。

クリスマス・キャロル (古典新訳コミック)

いつかのクリスマスシーズンにテレビで見たのは、これだった。

幽霊マーレイがアレック・ギネスで怖かった(T^T)

でも、ちょっとこんな役でと面白かったけど。

クリスマス・キャロル [DVD]


Posted from するぷろ for iPhone.