村上朝日堂 / 村上朝日堂の逆襲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハルキストというわけではないが、翻訳もの以外はすべて読んでいる(と思う)。

デビュー作の「風の歌を聴け」が、もっとも好きであるけれど。(次点は「羊をめぐる冒険」かな)

風の歌を聴け (講談社文庫)

制覇しているとはいえ、断捨離もあって本はほとんど処分した。

今も手元に置いているのは、エッセイ。

 

GR000740_R

 

ことに村上朝日堂シリーズは何度読んでも楽しい。

銀行で大工と間違われる話とか、腹筋が鍛えられるほど笑える。

銀行マンも金融本だけでなく、もっと視野を広げて読書したほうが、大口顧客を失わないですむことだろう。

猫にまつわるエトセトラもあり、軽快な一冊。

エッセイはつまりはデビュー作にもあるような短文スタイルなので、好きなのかもしれない。

 

村上朝日堂 (新潮文庫)

村上朝日堂の逆襲 (新潮文庫)