春のための花

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花の苗を選ぶというのは心弾むものだろうと思う

 

GR000009_R

庭の片隅を鮮やかに飾りつづけるための花苗選びは、いつも心寂しいものだった。

 

猫坊ちゃんのための花壇がある。

 

GR000008_R

誰にもわからないけれど、猫のために飾り続けている。

 

ある年、寡黙な庭師さんが、そういえば猫はどうしました、と聞いた。

窓越しに作業を見ていた猫がいましたけれど、と。

 

病気で亡くなったと言うと、どこに眠っているのかと問われる。

あの花壇だと指し示した。

ああ、にぎやかな花壇だ、と庭師さんが笑った。

 

 

 

ただそれだけのことだけれど、

いつも花壇をどうしてそうしているか、その心根を察してくれたようで、嬉しかったのだ。

庭木の手入れをし終え、猫のための花壇に散った松葉などを丁寧に払ってくれたのも。

 

ほんとうに、ただそれだけの話だけれど。