夏ばて日記を書こうと思ったら高速で治った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蒸し暑い夏である2016年

人生初、熱中症を経験する

お風呂の掃除中、だんだん気分が悪くなり、汗は噴き出す、拍動が異様で、手足は痺れ、嘔吐するという、絵に描いたような熱中症

涼しいところで休んで水分補給の対処療法で、数時間もしないうちに元通りになったのだが、それから軽い眩暈がはじまった

 

実はもともと、ここ数年来の「良性発作性頭位めまい症」と付き合っている

疲れたときに、これがぶり返すのだ

 

IMGP1150_R

 

回転性のめまい。目を閉じて数秒こらえてやりすごすことができるときもあるし、ひどいときは嘔吐し、這うようにして最悪の気分で動けないときもある。

 

静脈注射と処方薬で乗り切るわけだが、基本的には、ある程度の期間で自然快癒するというたぐいのもののように思う。

頭を動かすとめまいが起きるので、寝返りさえ怖いのだが、安静にしすぎるより、かえって運動するほうがよいとされている。

ちょっと症状が軽いときに、あえてめまいに良いとされている運動をしたりもする。(ある本を参考にして

気休めかもしれないけど、自分はけっこう合ってる気がしている。

 

めまいは自分で治せる (8000人の患者を治した「奇跡のメソッド」)

しかし幸いにして今回は軽かった。

へろへろの日記をどんよりした気分で書き始め、下書きに置いていたら、推敲するこの段階で回転レシーブは遠い過去のこととのような気分爽快だ。万歳!

 

回転レシーブ

IMGP1140_R

 

なんど繰り返そうと、またやり返せばいい←