日本家屋なキルトバッグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外だとよく言われるが、チクチク細かい手芸も好きだったりする。

編み物もキルトも。

黙々と手を動かすとき、まったくの無心になれるのがいい。

 

そして、完成したときの達成感は「どりゃ!」と快哉を叫ぶ感じでスッキリする。

 

明快でポップな色合いのアメリカンキルトも好きだし、切り紙みたいなハワイアンキルトも好き。

地味なトープキルトも興味がある。←脈絡ない

 

斉藤謠子さんのキルトパーティといえば、キルトする人で知らないものはないわけですが、、、

本を見るだけでも楽しいけれど、作ってみた。

IMGP0935_ps_R

ハウスがいっぱい。

ハウスがいっぱい―斉藤謡子のキルト

この本は、斉藤さんの本の中でも一押し。ぜんぶ作りたくなる。

 

そして、いちばん目を引いた、ジャパニーズハウスを作ったのである。

 

IMGP0933_ps_R

地味であるよ、とっても。

でも、細かい作業の果てに、この地味さがなんとも味わい深い。

 

しかし、たいへん地味であるので、わたくしが使う場がなく、母親に差し上げることにした。

達成感のためにチクチクしているようなものなので、結果オーライ。