てつぞうはね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の絵本を読むのが好き

 

 

GR000950_R

 

左上にある「てつぞうはね」も、猫好きさんには有名な一冊

ミロコマチコさんのサイト日記では、たいへんしんどい病気をした鉄三さんのお写真もあるが、絵本はさらっと夢のように描かれている。

そこがとても良かった。

飼い主にとっての現実の哀しみ苦しみは、その人だけのもの。

 

猫との愛の思い出も、その人だけのもの。

もう誰にも奪われず、ずっとその人だけのものだ。

 

猫も人も嫌いで、ブシャラーーーーっと言ってる鉄三さんが、わたしのことだけは大好きなの、という抱っこした絵がとっても好きだった。

新しくやってきた二名様が、また鉄三さんみたいなことするという愛は繰り返しつづくのだ、という話も余韻があって素敵でした。

 

 

てつぞうはね