みなさんとてもご親切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商店街をぷらっと通り抜けるつもりでいたのだが

ちょっとした買い物をして、さあお財布を出そうとしていた

すると突然、目の前にぬうっと小さな紙の束が差し出される

 

????

 

見知らぬご婦人が、沈黙のままにっこにっこしながら差し出す紙の束

 

 

なんですと?

よく見ればそれは

商店街主催のくじ補助券

 

ああ、余って捨てるのもなんだからあげるということなのか、と察する

いらないというのも野暮な気がするし、こちらもにっこり、ありがとうございます、と受け取る

真っ白な御髪の素敵奥様だったが、笑顔で去って行った
この間、ひとこともおしゃべりにならなかった

しかし、ほかにも若い女性はたくさんいるのに、なぜかわたしを目指して差し出されるのが摩訶不思議

 

使わずともいいか、とぷらぷら歩いていくと、当の抽選会場へとたどり着く

するとこんどは、空くじに終わったようすのご婦人がそこを後にするところで、またわたしを見てさっと補助券をくれるのだった
余ってしまったの、お使いになって、と

 

なぜみなわたしに補助券をくれる

ほかにもいっぱい人がいるのに(笑)

 

くじをさせてあげたい雰囲気がするのか、とわたしの手にはもらった補助券の束である

 

抽選会場の法被の人がそれをめざとくみつけ、さあさあ回してみてください、と言う

がらがらがら コロン

ジャンガジャンガとベルを鳴らす

おめでとうございますという高らかな声

 

ジュースセットとシャボン玉と菓子セットをいただきました

ありがとうございます