のら犬物語 戸川幸夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

単行本の犬のフォントが肉球になっている。

GR000545_wp

甘えん坊の子犬だったのが、捨てられ路頭に迷い、その果ての道は険しい。

自分で歩む道を探して、居場所を見つける話。

 

立派なお屋敷であまり大切にされていない雌犬から、たくさんの子犬が生まれ、捨てられる。

ほかの子犬たちはどうなったかはわからない。

この子犬だけが、ずんずん先へ進んでゆき、この犬の視点で描かれる。

 

ボロ拾いのおじいさん一家に拾われ、ここでの暮らしがもっとも大事にされて幸福だった子犬。

火事ではぐれ、また野良犬に。保健所、脱走、野良犬生活。

ただし、やさぐれず、すさまず、3匹の仲間を連れ、こんな生活からは抜けたい、と思う。

そして、サーカスへ。巡業で偶然、おじいさん一家に再会するが、サーカスの生活が、あの犬にとって、やりがいと仲間があるものだから、という終わりだった。

 

寄る辺ない境遇でも、切り拓いて生きていく、という子供向けの本だけに、応援的なメッセージ。

 

 

のら犬物語 (フォア文庫 B)

のら犬物語