英国のOFF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ずいぶん前に書評で気になっていた本。

イギリス人の休暇の過ごし方という趣旨ではないらしい。

引用すると、

ONの反対がOFFなのではなく、価値観を社会から個人に切り替えることをOFFというのだ。

さまざまな、各個人の嗜好に基づいた、OFFの過ごし方を眺めることができる本だった。

英国のOFF: 上手な人生の休み方 (とんぼの本)

表紙の犬連れのご婦人は、ジャム作りメンバーのひとりのご母堂様。

 

ごついおっちゃん3人でジャムを作る休日の過ごし方とか、前のめりで読む。

この章がいちばん著者の筆致が力はいっている。なにせご本人のOFFなのだから。

ジャムを表現する形容詞が、まあなんというか夢見心地に(やや乙女チックなほど)豊富なので、いかに夢中で作ったかが手に取るようにわかり、微笑ましかった。

そのほかにも、ガーデニング、海辺で過ごす週末、早期退職、ベンチでぼんやり、お茶を楽しむ、蒐集家、などなど。

筆者が入院中、術後すぐに麻酔から覚めたとき、看護師さんが「Cup of tea?」とミルクたっぷりの紅茶をくれたというのが、実話というのが面白かった。

理想の場所として、庶民的なティールームを紹介しており、その空間のありようが居心地よさそうだと感じることができた。

下町の人との息吹が伝わる。

 

使用アプリ

Waterlogue 1.1
分類: 写真/ビデオ,ライフスタイル
価格: ¥300 (Tinrocket, LLC)