七つの時計 アガサ・クリスティー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスティー女史のセブンダイヤルズ\(^o^)/

IMG_0400_wp

貴族の元気玉お嬢様(バンドル)が好奇心旺盛に首を突っ込んで、殺人事件の謎に迫る。。。

語り口のしかけ(叙述トリック)で大ドンデンというあれだが、読者をうま~く誘導して、バンドルの立ち位置で視線を配るようになっている。

ゆえに、あとで読み返すと、あららこらら、そうきたか、とトリックのうまい配置ぐあいを確かめられて面白い。

 

大どんでん返しゆえ、えええ、と目を見開くバンドル。

最後にバトル警視が、犯人のひとりについてこうバンドルに言い聞かせる。

「悪い血を受け継いでいましたからね」

血とはあらがえない悪病なのか、、、

色男と美女の暗黒面という、つまりはそういう話だった。

 

しかし、バンドルが遊び人のダンディー系にはまったく興味がなく、人なつこい犬っころみたいな(笑)彼になびくのは、なかなか人を見る目があるではないか、というエンディングではあった。

 

クリスティー自身が「作者は嘘をついてはいけないが、事実をいくらか省略するのは許される」と言っているが、まさにその手法。

だから、文字を紙に書いたものを読む小説世界では通じるが、映像化はやや難しいとか言われるのだが…

 

これもしっかり映像化 ございます。なかなか面白いデキであった。

 

オリエント急行殺人事件などの名優ジョン・ギールグット氏が、おっとりのんきなバンドル・パパ役で秀逸。

かつ、DVD表紙の男優声が ささきいさお氏でびっくりであった。

 

七つの時計 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

DVDは廃盤なのかな?

おしどり探偵「七つのダイヤル」[完全版][レンタル落ち] [DVD]


レンタルで見かけたら、是非!