かのこちゃんとマドレーヌ夫人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫スキーは読むでしょう。

 

かのこちゃんとマドレーヌ夫人

 

Sony eBook版の電子書籍で読んだ。

 

ソニーのアプリでは、ページめくり再現がリアルで好き。

↓ こんな感じ ↓

DSCN0161_wp_R

本当の紙をめくっているように、いかようにも動く。

おもしろい。

 

 

 

 

で、本体のほうですが、鴨川ホルモーでも奇矯な感じはあったが、そのちょっとファミリー向け

少し奇をてらった感は、デビュー作よりやわらかめ、、、でもないが、この作者の作風なので。

DSCN0157_wp_R

このタイヤ3本がすべてのスタート地点。

 

なんとなく、となりのトトロっぽい。

 

お父さんのキャラとか。好奇心旺盛な元気な少女とか。

動物と心通じ合わせるところとか。

アカトラ猫のマドレーヌ夫人と、夫の玄三郎(柴犬)、少女かのこちゃんと刎頸の友すずちゃん。

ふたつの別れが最後に訪れる。

どちらも、さびしいけれど、だからといってすべては終わりではない、というやさしい終わり方。

もうひとつ、3つめの別れが訪れるのかどうか、は余韻をもって書き残されている。

想像に任せましょう。

マドレーヌ夫人がもしかこのまま旅立ったとしても、いつかまたふらっと寄ってくるんじゃないかな、と思ったりした。

彼女の好きなように選ばせてくれた、かのこちゃんの成長が驚きだ。

最初は、指しゃぶりな幼子であったのに、と微笑ましい。

 

文庫版

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)