写真を撮るには不自由な時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンディッドフォトといえば、森山大道氏とかだろうか。

スナップ写真も気軽に撮りづらい世相。

 

最近、不審者情報が公的機関から届くのだが、中にはちょっと首を傾げる系もある。

 

「女子高生が数人で帰宅中、知らない男がカメラを構えていた」

→ ただ風景を撮ってたところを、彼女らがフレームインしただけかもしれない。

 

「少年たちが見知らぬ男に、みんなで遊んでいるところを撮ってもいいですか?と声をかけられ、写真を撮られた。」

→ あらかじめ声をかけてから撮っても通報されるのか、と唖然。

 

カメラが趣味の男の人は大変だ。

もちろん、エスカレーターの盗撮や、こっそり付け狙うように撮る本当の不審者は通報ものだが、この時代、いろんな事件があるだけに、みんなが過敏なまでに自意識過剰な気がする。

 

女性のわたしでさえ気をつかうのである。

桜の満開を撮るとき、当然、たいへんな人混み。あまり人に向けないよう、花だけにレンズを向けているよう、あおり系になりがち。

 

高校球児らを撮るのも、小さく。しかも、このように絵画風に加工してソーシャルへ出す。

顔はいっさい撮さない。

 

IMGP0460_wp_R

もうこれは絵ですね。

 

 


 

とある思い出

 

子供の頃、住んでいる区域でフォトコンテスト写真展があった。

展示されている写真の中に、わたしが写っていたよと近所の人が教えてくれた。

家族で見に行った。

お祭りの日、ホットパンツむちむちの少女(わたし)がアイスを食べながら、仲間とともに闊歩している写真だった。

家族みんなで笑いながら大判パネルを見た。

嫌な気持ちになどならなかったし、今から思えば、あの写真をもらっていればよかったな、と思う。

元気な少女そのまま、若いエネルギーが発散されていて、今はもう手の届かないものである。

 

 

スナップ写真とは、それほど悪いことなのだろうか?

 

ただの郷愁なのだろうか。

牧歌的な時代、SNSに流して広まるなどということのない時代だったからだろうか。

誰も不快だとは受け取らなかったのは、、、。