福島 大七 純米生酛(きもと)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬はポン酒。

たしなむ程度でほかほか温まり、頬が桜色になる。

甘口が好きなのだが、酒屋さんで、なにやらそそるランキング第一位とかいう文字。←こういうのに弱い

福島県の大七酒造 純米生酛(きもと)

↑ ここにいろいろランキング入った戦歴をリストアップしている。

『香りは、白い花や白桃のコンポートのような上品な香りに、ミネラル香、そして生酛特有のクリーム系の香りと、ほのかに海のヨードの香りを感じる。味わいは、まろやかでバランス良く、余韻に心地よい旨味と酸味がコクを与えている。』
(田崎真也氏・dancyu2001年3月号より)

 

箱説明に「和食はもちろん、バターやクリームを使った西洋料理ともよく合います」とあったので、ほおおお、と手に取ったしだい。先のサイトにも料理例がある。

 

チェッカーフラッグ的な

チェッカーフラッグ的な

いつも飲むのが甘い系なので、比べて飲むとそれよりはピリっとくる。

ソムリエではないため、

白い花、白桃のコンポート、海のヨードの香りが。。。わからないけど。