チャーリー・ブラウン なぜなんだい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とある看護師さんからの手紙に感銘をうけたシュルツ氏が、描いたという一冊の絵本。

泣いた。

チャーリー・ブラウンなぜなんだい?―ともだちがおもい病気になったとき

物語の流れが綺麗な曲線を描いていることに、なにより心震えるのだった。

伏線がいくつかさりげなく用意されており、それがラストで綺麗に集約される。

いじめっ子な坊主が、正義漢ライナスにやりこめられ、主役の少女に言う台詞で、不覚にも泣いた。

ともあれ、美しいラストを見てほしい。

物語の収束はこうあるべきですよ、という手本のような一冊であった。

 

Posted from するぷろ for iPhone.