おおねこさん おまたたかこ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本は新刊もしくは電子書籍DLで買うことにしている。

書いてくれた作家への御礼というか、印税としてペイバックしたく思うから。

しかし、これは申し訳ない。以前からずっと読みたくて探していたのだが、絶版で、どうにも入手できなかった。

 

GR000544_wp

 

愛嬌のいい、ふくよかな捨て猫と出会って、どうにも気になる存在に。

いろいろ葛藤するところが人間味があるというか、正直に書かれている。

しかし1年ほど通いつめて相手をし、家まで建て! 引っ越し先におおねこさんを迎えるという話。

この絵本は、もうなんといっても、おおねこさんの絵、そのものなのだった。

なんという 愛らしい子だろうか。

本棚に表紙をこっちにして飾っておきたいような本。

 

著者サイトは縮小運営で存在するが、本の後書きにもあったおおねこさんコンテンツ自体は消えている。

その後、おおねこさんはどうなったんだろう。

とうとう完全室内飼いにはなれなかったような終わり方だったし、2001年発行の本である。

時間の流れからいうと、いまは天国にいるかもしれないけれど、この地上にいたあいだは、著者一家と幸せに暮らしたのならいいな、元気でいたのならいいな、事故なんかにあわないで健やかだったらいいな、ずっと家族でいたらいいな、せっかく野良猫生活から抜けたのだもの、と後日談を知らないのでただ思うのみである。

おおねこさん