地上の飯―皿めぐり航海記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べることスキーならば読むでしょう。

タイトルからしてグッとつかみはOKである。

GR000249_R

タイトルからしてそそる!

地上の飯―皿めぐり航海記

 

ロマンチックルなアドベンチャーが待ってる予感が(わら)

 

五感にグイグイくるエッセイ

 

地上の飯―皿めぐり航海記

本を読むというのは、同じ場所に座って白紙の黒い文字をたどるということ。

良書に出会うと、読んでいるあいだ、遠くを旅し、味覚、嗅覚、視覚(色彩感覚)、聴覚、触覚、そのすべてを感じることができる。

それが読書の醍醐味だと思う。

 

なにを食べておいしかったとかいうグルメ本ではない。

世界各地の比較文化論でもない。

 

見て聞いて嗅いだものを、そのまま届けてくれる。そしてそれがダイレクトに伝わるのだった。

花の匂いが漂うハンカチの一節など、くらくらしちゃったわ。

魚のスープの匂いなどなど、生活に漂う香りは、すべて記憶をずるずるっと引き出していくのである。

 

本に登場する海外の作家の本を読みたいと思った。

人との出会いをおおらかに謳歌して、快哉を叫ぶ一冊だった。