マイ・ドッグ・スキップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0236_wp

 

愛犬、愛猫と暮らしたことのある人ならば、誰しもが痛みをもって共感する部分があるだろう。

正直言って、1940年代アメリカの少年の話なので、戦時下でもあり、日本軍が憎々しげに描写されていたりするのは、いたたまれないような気持ちになった。

それを脇に置いても、冒頭の一節と、ラストの一文は読む価値があると思う。

逆に言えば、それがすべてである。

 

原作本

マイ・ドッグ・スキップ

 

映画は見てない

マイ・ドッグ・スキップ [DVD]

 

少年と犬とやんちゃをしてすごす日々。

子猫も登場するが、薄幸なことにすぐに亡くなり、ニレの木の下に埋葬される。

後に、スキップも眠る場所である。

スキップは老い、少年は青年となって留学中に訃報を聞く。

少年の昔着ていた、スキップお気に入りのジャケットに包んで、埋葬した、と伝え聞くのだが、、、

ラストの一文は是非、本で確かめてください。

ペットロスに陥った自分には、とても共感できるものだった。

ひるがえって、冒頭の一節。

古い写真でスキップを見る、40年後の著者。

彼は、40年という月日が経ってもやはり、スキップの写真を見ると、胸が痛むおもいがするという。

 

自分にひきよせても、長い年月の後でさえ、きっとそうであろうと思うのだった。

そう思える相手に出会えたのは、しあわせなことかもしれない。

 

 

IMG_0238_wp