セーターになりたかった毛糸玉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単なベストやカーディガンをたまに編む。編み図どおりに製作するくらいで、自分でアレンジするほどの技はない。

そんな編み物好きはもちろんのこと、猫好きにも超オススメの絵本。

 

IMG_0292_wp

 

セーターになりたかった毛糸玉

すごくよく出来ている物語なのである。

赤い毛糸玉をたくさん買ったおばあさん。毛糸玉たちはみな立派なセーターになりたい、とわくわくしている。

が、ここで一玉余ってしまうのだ。← よくある。

編み物するヒトなら、あああるある、と実感することだが、余りの毛糸玉というのは必然的に出来るわけである。ゆえに、よく編みぐるみとか、ぐちゃまぜ柄のカーディガンが出来たりする(汗)

こんな風に ↓

増殖するサルっち軍団

増殖するサルっち軍団

 

で、本題に戻り。

余った毛糸玉で孫の手袋になるのだった。

毛糸玉はほんとうはセーターになりたかったのだが、仕方ない、と思う。

そこでアクシデント勃発。ぼろぼろの捨てられゴミになってしまう。

ここから、大逆転。

ねずみ、からの。。。猫のおかあさん登場!

手袋は、、、、、どうにゃるのか!

 

裏表紙をごらんあれ。ああ、よかったわー、と感涙の赤い毛糸玉氏。

IMG_0285_wp

ええ話やw

結末は、どうぞお読みください。

猫スキーはごろごろ萌え転がること必須である。

 

編むというのは、愛情なしにはできない行為だ、とあらためて思うのだった。