新解さんの謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤瀬川原平氏の「おもしろいことを一番先に見つける力」は、いつも人界を逸していた。

路上観察学、トマソン…さらっと見逃すようなことを、おもしろいものにしてしまう懐の広さというべきか

 

新明解ブームを作ったともいえるこれをピックアップ

IMG_0388_wp

新解さんの謎

この発想は もうなんというか 赤瀬川節の真骨頂

辞書を読み込んで遊んでしまう。

もちろん、新明解が非常に個性的というのが基本にある。

ややもすれば個性が強すぎ、意味さえ教えてくれればいい、その他の自己主張はいらない、という人には、うざい辞典かもしれない。

まあ、いじりがいのある辞書ではあるということで。

 

新解さんの謎 (文春文庫)


辞書に人格を持たせてしまったという面白本。

一時期、新明解ブームというのが辞書界にめずらしく吹き荒れたことがあり、その発端ともいうべき一冊。

わたしも以前、何版だったか忘れたが所有してクスクス笑っていたことがある。

ただし今手元にあるのは広辞苑。。。実務的な保守派であったことを、お伝えしつつ。