完全敷地内飼育推奨の話からいろいろ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家は完全室内飼いでやってきたのだが、世間はそれほどでもないようす。

日本の狭い住宅事情、建物と建物の間が密集した街のつくりもあって、室内飼いを徹底するのは難しいのだろうか。

首輪に鈴つけた猫さん散歩は、よく見かける。

外の空気や刺激が欲しいのかもしれない。

屋根から屋根へ飛んだり、建物の間のヒトが通れない溝のようなところを通ったりで、おおよそは車に関係ないところを通っているようだけれど、たまにダッシュで往来を走り渡っていたりするとひやっとするし、猫同士の喧嘩などで怪我や病気になったりしないかと、過保護な自分にはどうしても外歩きをさせられない。

 

DSCN0091_ex

顔なじみのミケっち。散策ちぅ。

 

とはいえ、写真を撮らせてもらう立場でいうと、こういう緑の中での猫さんというのは美しい。

自然の中での動物はのびやかで、本来の姿ではあろうと思う。

 

もうひとつ、自分が完全室内飼いであった理由は、ご近所迷惑になるのを避けたかったからもある。

どこかの庭やプランターでトイレをしたりして、猫が疎まれるかもしれない。

自分はどこで会うどんな猫も好きという質だけれど、世の中は自分と同じではない。

猫好きさんばかりではないから。

ニンゲンが介在した、いやなニュースも見聞きするし、現代日本では、家の中だけで過ごしてもらうのが一番の安全策かと思うのだった。

————————————————————————–

いやなことといえば、数年前、猫坊ちゃんが元気だった頃、正月に親戚集団が集まった。

その中の、ある男が、坊ちゃんを突き飛ばしたり、叩いていじめるような態度をとって、怒ったことがある。

しかし、その男は黙ってるだけで謝らなかった。

その男の親たちも黙っているだけで何も言わなかった。

まわりの連中も押し黙ったままで助け船ひとつださない。

馬鹿ほど謝れないし、ときに逆ギレさえするので始末に負えない。

 

そんなことや、いろいろ長く積もった不快な付き合いが繰り返しあり、その一家とは会うのをやめた。

人生も断捨離したいと思う昨今。

ニンゲンもしがらみを解かれ、外気を吸いに飛び立ちたいと、ときに思うのだった。